探偵ナイトスクープ ウサギの飼主に怒りを感じました。

yjimageDXGR5HNP『探偵ナイトスクープ』と言えば、朝日放送(ABCテレビ)で1988年から現在まで放送されている大人気長寿番組ですね。番組の内容としては、毎週視聴者から届く依頼や疑問を吉本芸人が扮する探偵が視聴者の元へ出向き、あの手この手で解決するというバラエティ番組です。『永遠のゼロ』の著者である百田直樹さんが番組の放送作家をしていることでも有名です。

私も10数年前から『ナイトスクープ』のファンであり、毎週かかさず録画して時間の空いた時に視聴しております。さて、今回ブログで取り上げさせていただく内容は約3カ月前くらいに放送さておりました(撮りためた分を最近見ました。。。。)件です。

視聴者からの依頼は「逃げたウサギをつかまえて」というもの内容でした。この依頼に対して石田靖探偵が解決にあたるというものです。探偵ナイトスクープでは過去にもこういった動物モノを扱った依頼は面白いものが多かったので期待して視聴しておりました。しかし、今回放送されたものは私の知る限りでは最悪の内容でした。

番組の内容は家で飼っていた5頭のウサギが依頼者の家の外(多分庭ではないと思います)の野原に逃げだしてしまい、それを捕まえて欲しいというものでした。依頼者は逃げ出したウサギを捕まえる努力は自分では一切しておらず、もともと飼っていたウサギ小屋も家の外に適当な柵で作った穴だらけの小屋でテレビを見る限りでは、かなり不衛生で、逃げ出したウサギもほとんど野生化しており、ご近所さんの敷地内にも入り込んでいる状態。そのような惨状を見た石田探偵は呆れて依頼者を説教しますが、それに対して依頼者はヘラヘラしながから謝る程度(その後、終始このような態度でした)。番組なので本気では怒っていませんでしたが、心中はいかがなものだったのでしょう。

その後、いろんな手を使い逃げ出したウサギを捕まえます。挙句の果てには投網まで持ち出して捕まえようとする始末。逃げ回るウサギはペットとして飼われていたウサギとは思えないスピードでした。野生本来の警戒心の強いウサギのスピードと同じほどでした。そういった状況だったので投網も仕方なくだったのかもしれません。結局、最終的に夜までかかって捕まえられたウサギは5頭中の4頭で残りの1頭は、投網でさんざん追い立てられた1頭でした。捕まった4頭のウサギは新しく木で作った小屋に入れられておりました。この小屋もフタはできるものの家の外に設置して雨も入りこむような状態でした。そして最後に石田探偵が依頼者に対して全頭捕まえられなくて申し訳ありませんでしたと謝罪して終わるという放送でした。番組内とはいえ、こんな無責任な飼主の依頼に対して全力で解決しようとする石田探偵には頭が下がる思いです。番組に詳しい内容は『探偵ナイトスクープ ウサギ』で検索すると動画が出てくるかもしれませんので参照してください。

このような内容を放送したテレビ局にクレームを入れたくなる気持ちもわかりますが、そもそもの問題の原因は無責任な飼主にあるのは明白です。ただ、最近のペットブームによりこのような無責任な飼主もごく一部ではあるが存在することが事実であり、そのような現状があるのだと多くの視聴者に知れ渡ったと思うのが、せめてもの救いではないでしょうか。捕まった4頭はこの依頼者を飼主として信頼できる日が来るのでしょうか?逃げのびた残りの1頭はこのまま野生化する方が幸せなんじゃないかなと思います。放送から約3カ月がたっておりますが、捕まった4頭が無事に生活していることを願うばかりです。

あまりにもひどい内容でしたので思わず、書き記してしまいました。

愛知県のペット葬儀はペットラブメモリーへ

安城市にてペット葬儀のご依頼です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

愛知県安城市にてネコのペット葬儀のご依頼でした。

もともとは野良猫でしたが、たまにエサ場を求めて訪問先の
ご家庭でご飯をもらっていたそうです。
ある時、家のドアを開けると怪我をしたこの猫が玄関先にいたそうです。
そこで、ミルクをエサを差し出してやると警戒心を解くかのように、後の飼主さんの
もとにすり寄ってきたそうです。そしてそのまま、動物病院で手当てをしてその日は家の
中で看病してあげ、翌日外に帰してあげました。
その後も毎日エサをあげている内に、いつの間にか居座るようになったそうです。

そして最後はこのご家庭の玄関で亡くなったそうです。想いでのいっぱい詰まった場所を求めていた
のでしょうか。それともいつものようにエサを求めていたのでしょうか。
どちらにしても、人間は猫を想い、猫は人間を想った関係もいいですね。

 

安城市のペット葬儀はペットラブメモリーへ

三重県桑名市の飼主様からペット葬儀のご依頼

yjimageまっくろなラブラドール・レトリバーの火葬のご依頼でした。

飼主様からの最初の電話でのお問合わせを頂いたのは約5カ月前の

平成27年1月頃でした。かなり深刻な口調の電話でしたので、

とても印象に残っておりました。

重い心臓病で動物病院でも、回復は見込めず余命は1カ月~2カ月と

宣告されたそうです。その後、宣告された期間を超えて約5カ月間を

飼主様と過ごされたそうです。

大型犬の場合、「安楽死」を考える機会が多くあります。物理的に大きいので

成人男性であっても介護も大変な負担になりますし、愛犬も寝返りがうてないように

なり床擦れから皮膚が壊死して苦しむ姿を見るのも飼主にとってツライものです。

大好きだった愛犬のそのような姿を見て、経済的・精神的にも負担になってしまう心の葛藤があります。

現在、人間は意図的に安楽死させると医者が殺人罪に問われるそうです。ペットに関して言えば、動物愛護管理法によると

『治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、できる限り苦痛を与えない方法をとらなければならない。』

法律上、ペットの安楽死は認められております。

飼主様も安楽死させることも考えましたが、命の限り精一杯看護する道を選びました。

どちらが正しいのかは誰にも分かりませんが、飼主様が愛犬を想い考えた結果であればそれが正解なのかもしてません。

過去のご依頼で安楽死させたペットの火葬も行ったこともあり、今回のご依頼で再度考えなおす機会となりました。

ご冥福をお祈りいたします。

桑名市のペット葬儀・火葬はペットラブメモリーへ

岐阜市の飼主様からペット葬儀の依頼

124438498679716411250_P5193322-1岐阜市にて、ミニチュアダックスの火葬のご依頼を受けました。

この日は16時くらいからのご依頼でした、ご自宅が織田信長で有名な岐阜城の近くに

ありましたので長良側の河川敷付近で火葬を行いました。元気だった頃は、ほぼ毎日

この河川敷を散歩していたそうですが、体調を崩してしまってからは、大好きだった

散歩も回数が減ってしまい亡くなる2カ月前には散歩にも行けない状態になっていた

そうです。せめて、火葬の際には大好きだった河川敷で火葬がしたいとの飼主様から

の強い要望がありましたので、対応させていただきました。

時間は約1時間ほどで終わりましたが、元気だったころの様子が飼主様の頭の中を

何度もよみがえったそうです。ここまで考えてもらえる飼主様にあえて、ワンコも

幸せですね。

心よりお悔やみ申しあげます。

岐阜市のペット葬儀・火葬はペットラブメモリーへ

名古屋市昭和区の飼主様よりご依頼いただきました。

imageJKY00RC2

名古屋市昭和区の飼主様よりウサギのペット葬儀のご依頼です。

ブリーダーから直接購入し、小さいときから大事に育てていたそうです。最初は全然なついてくれなかったようですが、2歳を過ぎたあたりから突然甘えるようになついてくるようになったそうです。

人間でも性格があるようにちいさなウサギにも当然、性格がありそこが可愛いんですよね^^

2か月ほど前から体調を崩し、ご飯もあまり食べなくなっていたようですが、それでも飼主様に甘える仕草が今でも心に浮かぶとおっしゃっていました。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

名古屋市のペット葬儀はペットラブメモリーへ

四日市市の飼主様よりペット葬儀のご依頼をいただきました。

scat_1

 三重県の四日市よりご依頼いただきました。

愛猫のペット火葬をいたしました。

約6カ月前に飼主様より、ペットの体調が思わしくなく動物病院で

診てもらったら余命2カ月と言われて亡くなった後の事を考えて

ペットラブメモリーにご相談のお電話をいただきました。

愛するペットへの想いがすごく伝わってきておりました。

その後、飼主様の必死の看病により余命2カ月と宣告された愛猫は

飼主様の想いに応えるように、6カ月間一生懸命にがんばりました。

火葬の際に子猫の時からの想い出がよみがえってきて大変つらい葬儀と

なりましたが、最後に涙をこらえて「ありがとう」と愛猫に最後の言葉を

かけられていました。

ペットが亡くなる前に、亡くなった後の事が考えたくはないかと思いますが

それもペットにしてあげなくてはいけない飼主の責任なのかなぁと個人的には思います。

三重県四日市のペット葬儀・火葬はペットラブメモリー

春日井市の飼主様よりペット葬儀のご依頼をいただきました。

2882306486_53cd7def56

春日井市在住の飼主様より愛犬のチワワのペット葬儀のご依頼をいただきました。最初にお電話にてお問い合わせいただいた時は、突然の愛犬の死を受け入れる事ができずに深い悲しみに暮れておられました。

ご訪問時には丁寧に説明を行い、ご用意していただいていた綺麗なお花や大好きだったおやつなどを添えて最後のお別れの言葉を話しかけられていたのが印象的でした。火葬後にお骨拾いをしていただき。骨壷に納めて飼主様にお返しした時に飼主様より「まだまだつらいですが、とりあえずの気持ちの整理がつきました」と言っていただきました。

ペットを亡くすことは大変つらい事ですが、思い出は永遠に生き続けます。きっとその想いはペットに伝わることでしょう。

ご冥福お祈り申し上げます。

春日井のペット葬儀・火葬はペットラブメモリーへご依頼ください。

みなさんはかわいい「わが子」との関係は良好ですか?

訪問させていただいた時に感じた事や、思った事を記載しております。
ご家族のご冥福をお祈りいたします。。。。

 

みなさんはかわいい「わが子」との関係は良好ですか?
人とペットとの関係は、社会を取り巻く様々な状況の変化・複雑化などの理由により、徐々に変化してきており、しつけを一つ取っても、一昔前なら「常識」とされてきたことも今は非主流であったりします。
ただ、どういった方法がベストなのかは一概に言えませんが、少なくともペットが一生幸せに元気に暮らしていけるかどうかは飼い主さんにかかっていることは確かでしょうし、近所からも愛されるような存在のペットでありたいものです。

imagesCA5XM00B.jpg

マナーやしつけについていい加減な人が増えてくると、動物が苦手な人には「だから犬や猫は・・・」といったペットそのものに対する更なる悪感情を持たれてしまう事にもなりかねませんので、本当に人と動物が共生できる社会を実現していこうと思えば、決して一人の問題だけでは無いとも言えます。

 

ペットに対するマナー、ルールは本来あくまでも常識的なものであり、強制される類のものではないのかもしれませんが、「動物の愛護及び管理に関する法律(通称:動物愛護法)」というペットに関する法律の中でも、「飼い主の責務」(第7条)という項目があり、守っていくようにとされています。